繊維芽細胞増殖因子にアプローチするポリピュアEXについて

健康的な状態に保つ役割を持つ

繊維芽細胞増殖因子であるFGFは、 肌の状態を整えたり体を健康的な状態に保つ役割を持つたんぱく質の1つになります。

皮膚や血管の内側にある臓器系となる上皮組織と、脂肪や骨で上皮組織を支える支持組織がありますが、支持組織は体を支えるのに重要な働きをします。

支持組織は4つの細胞でできていますが、そのうちの1つが線維芽細胞となっています。

また、 繊維芽細胞は全身に存在していて、体が傷つくと大量のコラーゲンを作って損傷部を回復する働きをします。

そのため、繊維芽細胞成長因子となるFGFは、体を治す際に働く繊維芽細胞を増殖させるためのたんぱく質となります。

バイオポリリン酸がFGFにアプローチ

ポリピュアEXは、ポリピュアEXに使われているバイオポリリン酸がFGFにアプローチすることで育毛を促す育毛剤となります。

ちなみに、FGFにアプローチする育毛剤は細胞増殖型と呼ばれていますが、ポリピュアEXも細胞増殖型と扱われています。

また、細胞増殖型であるポリピュアEXは、細胞にアプローチするので、頭皮の血管を無理やり広げることがありません。

なので、ポリピュアEXは副作用が少ない育毛剤となります。

そして、ポリピュアEXはFGF-1とFGF-2とFGF-7とFGF-23の4種類のFGFにアプローチすることができます。

バイオポリリン酸によってFGFにアプローチできるポリピュアEXは、FGFを活性化させて髪の毛の成長を助けることができます。

薬用ポリピュアexの口コミ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です