美肌、若い肌を保つ方法

10代の頃には透き通るような素肌だったのに年令を重ねるとシミやくすみや毛穴が目立ってきたり、さまざまな悩みがでできますよね。
そんな中でもアラフォーになってもアラフィフになっても、シミやシワも目立たず、美肌を維持してる人がいます。
やはり、肌が美しいと若く見られます。そして、自分自信の気分も違います。
そういう人って、エステとかお金掛けてるでしょーとか、芸能人とかモデルとかだよねって思うことが多いかもしれないけど、実は、そうでもないんです。
実際には ごく当たり前のことをしてるだけ、いや、なんにもしない
かな、だけなのかもしれませんよ。

美肌を保つ方法、
1.紫外線予防 
2.野菜、ビタミンを摂る
3.良い水をとる
4.化粧は薄めに、良いファンデーションを使う
5.化粧よりも保湿を徹底的にして、洗いすぎない

まず、1について、紫外線は、年中あります。最近はUV防止の衣服とか色々出てますよね。でも、お手軽なのは、サングラスと日傘と日焼け止めクリームをこまめに塗ることです。ここで、重要なのは、どれもきちんとしたものを使うことです。

2については、どんな日であれ野菜なしの日があるのはNGですね、生野菜が食べられないときは、スムージーや100%ジュースを摂ります。

3について、ほんとにお水は、重要です。以前、都会にくらしてたときどんどんニキビが出来て、どんな化粧品を使っても治らなかったのに、田舎に帰省して、嘘のように治りました。その原因は水だったと思います。水道水は、浄化されてるにもかかわらず、特有の臭いがありました。今は、飲み水は浄水器の水かミネラルウォーターです。

4 について、ファンデーションは、高いと思っても、良質なものを薄めにつけると お肌にも負担がなく、化粧崩れもほとんどなく、長時間つけてても気持ち悪くなく、見ためも綺麗です。

5について、以前は夜も朝もダブルクレンジングの洗顔クリームで、しっかり洗い、化粧水、美容液、乳液、クリーム、そして、たまに、マッサージ、パック というフルコースをやっていました。それでも、カサカサ 乾燥を感じることがあったのです。
でも、いろいろなところで、洗いすぎはダメと聞くようになり、夜の洗顔は、クレンジングをするけど、優しく洗う。
朝は、水洗顔に変えて、そして、何よりも 洗って1分以内に化粧水、乳液をつけることを徹底しました。そしたら、肌のかさかさ、突っ張り感がなくなったのです。保湿って、すごく大事ですね。
そんなことを実践してると、いつもどんなときも、肌は綺麗とアラフィフの今も言われます。シミも吹き出物もシワもほとんどありません。
ちなみに、夜勤のある仕事で不規則な生活をしている私、でも、こんな簡単なことで、美肌を保てています。
あと、もうひとつ、便秘をしないこと、これも重要でした。
ストレスのない美肌は、自信に繋りますね。
美肌、若い肌を保つ方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です